千葉県市川市行徳駅に住んだときのお話

副業

以前お世話になった場所の紹介です。

千葉県市川市の、東西線の駅
行徳駅です。

私が初めて一人暮らしをした場所です。

それまでは東京の下町で実家暮らしをしていました。
しかしある日、父から突然、
「祖父の面倒を見るため、実家に帰るから」と言われ、
ついてくるか聞かれましたが、
何となくこのまま甘えたままもどうかと思い、
これを機会に一人暮らしをしようと決心しました。

結構急だったので、急いで 探さねばならならず、大変でした…
その中で私の候補は、浦安、行徳、新小岩らへんでした。

家賃が安いのと、都心にも出やすかったので。

不動産会社に行くと、治安の面でも行徳を勧められました。ファミリーで住んでいる人が多いようです。自分で調べて持っていった場所が結局一番条件を満たしていたので、見学しすぐに決めました。

ここからは実際に住んでみての感想をまとめていきたいと思います。

家賃

私はオートロック付きの1Kに住んでいましたが、家賃はペット可で52000円でした。お風呂トイレ別は金銭面の都合上諦めていたので、ユニットバスです。

都心への出やすさ

行徳駅は、東西線なので、都心には出やすいです。大手町や九段下、西船橋など乗り換えられる駅はたくさんあります。しかし、東西線の朝の混み具合は葛西~東陽町あたりまでは激混み状態が続きます。

浦安~葛西あたりは住んでいる人が多いようで、葛西、西葛西、南砂町に住んでいる人は、乗れないので電車を見送らないといけないときもあります。

その点、混む前に乗れるので、電車に乗れないということはまずなかったです。座れることはたまにあるくらいでした。

ただし、行きも帰りもすし詰め状態になることは覚悟したほうがいいです。今はテレワークになっているところもあるので、多少は変わっている可能性もありますが。

買い物・外食のしやすさ

これは本当に私にとってはかなりの満足度でした。

行徳は駅周辺でほとんどのことが解決できました。というより、駅周辺に店が固まっていて、あとは住宅街っという感じの町でした。

駅には西友、マルエツがあります。百円ショップ、薬局、ドン・キホーテもあるし、最近では電気屋もできていました。また、少し歩くとフードマーケットという激安なスーパーマーケットもありました。

行徳は私のような収入が少ない人からしたらかなり有難い駅です。

飲食店はチェーン店もたくさんあり、サイゼリヤ、すき家、ガスト、マックにミスド、松屋、ココイチなど選び放題でした。といっても、そんなに外食はできませんでしたけどね。

そして楽しめるところといえば、カラオケは3つもあります。ジョイサウンド、ビッグエコー、カラオケバンバンです。浦安まで自転車で行ってしまえば、まねきねこやカラオケ館もありました。
また、隣の妙典駅にはイオンがあり、映画館もあるので、こちらも自転車を使えば駅から15分くらいで着きます。楽しめる場所もたくさんあるので、お休みの日も充実できます♪

道の平坦さ

道はかなり整備されているので、とても歩きやすいし自転車も走りやすかったです。坂なんて見当たりませんでしたね。

治安について

夜は道が少し暗いというのはあります。しかし、1年半暮らしましたが特に怖い思いをしたことはありませんでした。私の場合、家は隣人の声とか割と聞こえてきたので、安心して暮らしてました。一人の時は、シーンとしているより誰かの声が聞こえたほうが安心しました。

問題点

問題点はというと、近くに銭湯がないことでした。。一番近いところでは浦安でした。私はオール電化のところに住んでいたのですが、住み始めて少し経った頃、お湯がでなくなったことが1度あって、そのときは夏だったので水シャワーで洗ったのですが、翌日に風邪を引きました←

他は漫画喫茶でのシャワーくらいしか方法がなく、、銭湯が近くにあったらよかったなと思いました。

それ一回きりでお湯がでないってことはなかったのですが、いつお湯が出なくなるのではないかと少し心配になる日々でした。

おまけ

お恥ずかしながらかなり収入が少ない身で、正社員なのですが、アルバイトしないと一人で暮らしていけるレベルではありません。正社員のほうで副業禁止と言われていたのですが、暮らしていけませんのでと言ってOKを貰いました。会社のほうもそれは理解していたようです。

私はアマゾンで週1休日にアルバイトをしていたのですが、行徳駅から無料シャトルバスが出ているんです!

シフトも有難いことにかなり自由がきいたし、適度に体は動かせるし、人と関わらなくていいし、まさに神でした。今はアマゾンは距離的に遠いので通うことができず、少し残念です。

まとめ

行徳駅は私にとって神!と思っています。そしたらなんと、私の亡くなった母も、初めての一人暮らしのときに行徳に住んでいたという話を母の姉から聞いて、驚きと感動でした。やはり親子なんだと思えてうれしかったです。

私はやりたいことをしたくて、お金を出して専門学校に働きながら通い、今の会社に入ったのですが、、未だにできておりません。だから、最初は、何故アルバイトをしてまでやりたくない仕事をしなければいけないのだ!と悔しい思いはしていましたが、体を動かすことでリフレッシュになっていたような気もしてきて、最終的に運動してお金貰えるってラッキーじゃないかと思うようになりました笑

ただ、仕事現場変わる・一人暮らし始める・アルバイト始めるを1度にやったため、半年後に電車でぶっ倒れるということになってしまったので、環境の変化は1度に一気にやる事はオススメしません;

まあ今回の場合は仕方ない状況だったのですが、きちんと無理しない程度に自分の容量を考えることは大切だと思います。

すべてが思い通りにいくことなんてないし、やりたいことを仕事にできる人ってどのくらいいるだろう?とも思います。半分諦め、とも思われるかもしれませんが、これからも勉強したり自分で楽しんだりしながら、やりたいことと向き合って少しずつでも成長していけたらいいなと思います。

コメント